決着?facebookから50万円くらい不正請求がきた結果

8 bit 『Like』ボタン Tシャツ 2,300yen

この記事はfacebookから50万円くらい不正請求がきた場合の対応まとめの続きです。

これで決着なのかどうかよく分からないのですが、多分もう話がこれ以上進むことはないと思ったので、記事にします。

これまでの流れ

1. Facebook広告出した際にカード登録した。
2. 広告やめたのに身に覚えがない請求がきた。
3. フォームから問い合わせしたら英語で返答がきた。
4. 日本語でメール返信しても返事なし。
5. 調査したら不正アプリで課金されていた。
6. それを日本語でメールしても返事なし。
7. カード会社に連絡して引き落としストップ。
8. ログイン承認を設定。

今回はこの続きです。

英語で問い合わせてみた

日本語でメールしたのがまずいのかな?と思って英語でメールしてみました。

・・・へんじがない、ただのしかばねのようだ。

知り合いがFacebookのコミュニティで質問してくれた

業界に詳しい知人が、Facebook運営管理者でもある日本法人担当さんがいるコミュニティで質問してくれました。
私は入っていないので下記は伝言です。
1. 多数の広告主側が参加しているので、言い逃れは出来ない場所(らしい)
2. グループの性質上、投稿に全く回答がなかったことは過去なかった場所(らしい)
3. 社員さんが読んだ履歴が残っている(らしい)
4. 管理人が追加されて増えているので、どうも援軍を要請した?(らしい)

・・・へんじがない、ただのしかばねのようだ。(らしい)

カード会社から質問してもらった

カード会社から連絡がありました。
カード会社「正規のルートで問い合わせしました。」
VISA VS Facebookの構図ですね。
カード会社「結果、これは不正請求であると認めます。」
私「Facebookから回答があったのですか?」
カード会社「詳しい明細を出して欲しいと要請したのですが返事がないのです。結果、当社ではこれを不正請求であると認める事となりました。意義申立書を送付しますので、サインしてご返信ください。」

やはり、しかばねなのでしょうか・・・。

2週間後、意義申立書が届きましたので、すぐサインして返送しました。

Facebookにログインできない

数日後、Facebookを使おうとしたら・・・何か表示されました。
名称未設定-1
クリックで拡大

意義申立書がカード会社経由で届いたようです。
今までの無反応からは考えられないくらい、この処理は早いんですねww

Facebookポイントに関する申し立てについて

Facebookポイントってなんだろう?と思って調べたら、アプリ課金の方らしいですね。
確かに今回はアプリ課金をやられた案件でした。それも、広告しか使ってなかった私のような人はよくよく調べないと分からない上に、それに関して問い合わせても全く返事はありませんでしたけど・・・。

お問い合わせすることができます

返事しないくせに!

支払い機能を停止することがあります

もうカード情報は削除しましたし、この先登録することはありませんのでご安心ください。

次に、こんな画面が出ました。
名称未設定-2
クリックで拡大

何故か3つ目が英語です。
「Facebookとカード会社で係争中と認めるか?」みたいな内容のようです。ここまできたら人柱なので、アカウント停止覚悟で、あえて省略せずに送信。

相変わらず件名が日本語のくせに本文が英語のメールが飛んできました。

クリックで拡大

ところでGmailの翻訳プラグインは便利ですね。みんな入れるといいですよ。
Gmail で受信したメッセージを翻訳する

きっと私はブラックリストに入ってることでしょう。
ある日私がFacebookからいなくなったら、そういうことだと思ってくださいw

決着?

これで決着かどうか分かりませんが、私は無事請求を逃れることができました。
皆さんも気をつけてくださいね。

今日の余談

無料のカメラアプリ(iPhoneのみ)をリリースしたので、よかったらこの機会に使ってみてください!

Nairegift
posted with iTunesLinker at 13.04.08

facebookから50万円くらい不正請求がきた場合の対応まとめ

ブロマイド写真★『ソーシャル・ネットワーク』アンドリュー・ガーフィールド/スーツで座る

先日、クレジットカードの明細をWebから見たら、身に覚えがない請求がありました。

facebookから2日間に渡って1回1万円くらいの決済が50回ほどされてました。
つまり50万円くらいですね。

facebookの問い合わせページが分かりにくい上に、誰もがはまりそうな罠が潜んでいるので、情報を共有したいと思います。

不正請求がくる人の条件

facebook広告を出したことがあり、カード番号を登録している人です。
そうでない人はこの記事の対象ではありません。

不正請求が来てないか確認しよう

詳しくは後半で説明しますが、一旦引き落とされてしまうと取り戻せない可能性があります。
引き落とされる前に、カード明細でfacebookからの請求がおかしくないか毎月チェックしてください。

身に覚えがない請求があった場合

まずカード会社に電話してください。
「○月○日のfacebookからの請求は身に覚えがないので請求しないでください」と連絡します。
そしてカード番号を変えた方が良いでしょう。

次にfacebookに連絡します。
非常に分かりにくいのですが、2012/2/16現在ではここに問い合わせフォームがあります。

ヘルプセンター > 広告とスポンサー記事 > 請求と支払い > 請求と予算に関する一般的な質問

支払い頻度と支払い時期 > 上記以外の件に関して質問があります。 > それでも答えが見つからない場合は、このフォームを使ってFacebook広告チームまでお問い合わせください。

特定の請求 > 覚えのない請求または過剰請求があります。 > この請求に身に覚えがありません > 広告アカウントに請求がありますが、身に覚えがありません。 > 以下いろいろ入力して送信。

しばらくするとメールが来ます。ヘルプページは日本語なのに英語のメールが来ます。

Unfortunately, Facebook only issues refunds for fraudulent charges. Because our records do not indicate suspicious activity on your account, we will be unable to refund your purchase in this particular case.

When you completed your purchase, you agreed to our Terms and Conditions by clicking the ‘Place Order’ button. Our Payment Terms are always available at http://www.facebook.com/payments_terms/.

We apologize again for the confusion. Please let us know if you have additional questions.

複数の翻訳サイトで試したら真逆の意味に翻訳されて怪しかったので、ネイティブの人に翻訳してもらいました。(KASAIさんありがとう!)

ごめんなさい、不正取引でない限り、Facebookは払い戻しには応じられないんです。弊社の記録には怪しい要素はとくに見当たらないので、今回のケースは払い戻しの対象外になります。
払い戻しができないことは、弊社の規約にも書いてありますので、ご確認いただけますと幸いです。
お役にたてず申し訳ありません。追加のご質問がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

これでサポートのメールアドレスがわかりますので、後ほど解説する「対策を取った」という内容と共に、購入履歴のスクリーンショットを送信します。
恐らく不正請求のほとんどはアプリ課金です。
Facebook広告請求だけしか頭になかったら見つけられないと思いますが、請求の明細は以下より確認できます。

右上の歯車アイコン > プライバシー設定 > 左サイドバーより支払い > 購入履歴

私の場合は、購入したアイテムがKCoinsとなっていました。KCoinsで検索したところ、どうもコリアンコイン?という代物らしいです。
購入先になっていた中国語っぽいアプリ名をクリックしたら、どうもエッチなアプリのようです。
中国さん韓国さん勘弁してください。
関係ないですが、この2国には私が運営するサイトへのサーバーアタックのような頻度でやってくるクローラーにも泣かされています。仕方ないので全力で拒否設定してます。

この返信をしてから3日経過しましたが音沙汰ありません。
日本語が分かる人がいるなら、最初からその人が回答してくるでしょうから、あまり期待してません。
日本語圏で広告サービスを提供している会社の仕事とは思えないんですが・・・。

なりすまし防止方法

ログイン承認を設定します。
ログイン承認とはGmailでいう2段階認証と同じようなもので、携帯端末を使う認証方法です。

ログイン承認の設定方法
右上の歯車アイコン > アカウント設定 > 左サイドバーよりセキュリティ > ログイン承認

詳しくはこちらで解説されています。
facebookアカウントでログイン認証を有効にするための設定方法 « 三蔵堂ブログ【出張パソコン教室・iPad教室】

次にカード情報を削除します。
サイドバーの広告マネージャ > 請求 > 支払い方法

「カード情報を削除するともう二度と広告が出せないよ」的なことが書いてありますが、2012/2/16現在では削除しても再開できます。(しませんけど)

引き落とされてからでは遅いかもしれない

今回怖いなと思ったのがこれです。
カード会社(以下カ)から言われたのは次の通りです。
カ「使用日から数日内にfacebookからメールが来てるはずなので、そこからfacebookに連絡してもらうと話が早いです。」
私「迷惑フォルダを探してもそのようなメールは見当たりません。どういうメールアドレスから来ているか分かりますか?facebookの連絡先は分かりますか?」
カ「審査会社を通してるのでfacebookの連絡先は分かりません。処理が止められないので一旦引き落とされてよろしいでしょうか。」
私「確実に返してくれるのなら一旦払うのは構いませんが借用書をください。」
カ「確実に、とはお約束できません。」
私「じゃあ引き落とされないようにしてください。」
カ「引き落とされないように手配します。」

引き落とされる前にカード明細をチェックしていたのが幸いでしたが、ほとんどの人はそうではないかと思います。
引き落としされてから返せないと言われたら悲しいですね。

まとめ

Facebook広告を使っている人は今すぐカード明細を確認しましょう。
そして日本語の対応を求める人は利用しない方が良さそうです。

補足(随時更新)

はてぶなどでコメントを拝見したものに答えていきます。

中華の業者がFacebookで広告を出してる人見つけ、ターゲットにし、Facebook経由で架空請求をするということか?

どのようにターゲットを見つけているのかは分かりませんが、架空請求というより乗っ取られて?勝手にアプリに課金されていました。
広告のレポートを見てもそんなの分からないので、最初は請求の根拠が全く分かりませんでした。

広告だしてるのとアプリ課金の不正請求があったのは関係あるの?広告だしてたらクレカ登録してるから、アプリ課金で不正請求があるかもってこと?

その二つは直接関係無いです。広告だしてたらクレカ登録してるから、アプリ課金で不正請求があるかもってことです。

この記事では何がきっかけなのかわからない。あやしいアプリをインストールしたということなのか。

アプリはほとんど使っていません。むしろたまに見直して不要な連携アプリを切っているほど気を使っていました。

台湾女性の写真をプロフィールにして日本人名でアカウント作ってフレンド申請→友人までメール公開の人からアドレス収集→ログインbruteforce→アプリ課金……じゃないかという推測は有るね。

私の場合、その手の申請は全く承認していませんけどね・・・。

続きを書きました。
決着?facebookから50万円くらい不正請求がきた結果

ついでにアピール

ツカエル!ネットの話題というサービスを作りました。
これ1ページでOK。ネット上の話題を一覧表示。2ch、はてな、NAVER、Twitter、発言小町の話題まとめ。1日2回更新。
良かったらこの機会にご利用くださいw

Facebookにハンドルネームで登録している方へ

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(14) 夢戦士ウイングマン 音楽集

夢・・・そう、夢あおいよ。

最近Facebookで実名登録と思われていないユーザーが大量にアカウント削除(いわゆるBAN)されて、ネット上で話題になってます。

Facebookの春のBAN祭りで6億人の信憑性がさらに怪しくなる :村上福之の「ネットとケータイと俺様」:ITmedia オルタナティブ・ブログ
それでもBANされたアカウントはごくごくごくごく一部です。相変わらず、前回のブログで登場した数千人もの綾波レイもアスカもいますし、僕のフレンドであるマクドナルド勤務のオバマ大統領もご健在ですのでご安心ください。

目立つユーザーからチェックしているんでしょうね。

facebookでアカウント停止された時に復活する簡単な方法 – ぼくはまちちゃん!(Hatena)
はい! かんたんですね! もしも誤解を受けていた場合にはこんな手順で伝えれば大丈夫です!

はまちちゃん、現在はまたいなくなっておりますが・・・

スターウォーズのヨーダと間違えられてSNS加入を拒否され続けた女性 – GIGAZINE
名前の「Yoda」の部分が、スターウォーズのヨーダと認識されてしまい、イタズラだと判断されブラックリストに登録されていたそうです。

最後は2008年の記事です。随分前から問題はあるのだということですね。

Facebookなんかどうでもいいと思ってる人は、削除されようが何でもいいと思うんですが、結構楽しんでそうに見える人もたくさんいます。
またIT関係者だと決して無視できないSNSなので、削除されると再出発が面倒で、非効率的かなと思います。

周りが戦死(笑)していく中で、それでもハンドルネームを使いたがる理由は何でしょうか。
続きを読む Facebookにハンドルネームで登録している方へ

ビジネス視点で考えるFacebook

仕事で使える!Facebook超入門 (青春新書インテリジェンス)

著者の小川さんから新しい本をいただきました。ありがとうございます。

小川さんは5年位前にお会いする機会があり、それから仲良くさせていただいてます。
お会いしたあとにWeb2.0 BOOKという本を出されて「あ小川さんが本出してる!」と思ってサインをもらいに行った思い出があります。

で、本書ですがビジネス視点でのFacebook活用指南本です。
続きを読む ビジネス視点で考えるFacebook

facebookでの反応数を正確に取得するブログパーツ作った

30ピース ぐ~チョコランタン 27-149

公式パーツの数字がおかしいから~ボクが作ってみたんよ~
解説:じゃこびの技術力は、ばいきんまん並にすごい。

Facebookの「いいね!」ボタンに出てくる数字は「いいね!された数」ではない件 | Abi-Stationの続き。

ブログパーツといっても公式API(英語)をJSONで取得するだけですが・・・

見本

最小限のコードサンプル
続きを読む facebookでの反応数を正確に取得するブログパーツ作った

Facebookの「いいね!」ボタンに出てくる数字は「いいね!された数」ではない件

500ピース 名推理 5-329

「いいね!」ボタンの謎はすべて解けた!

FacebookのAPIを調べていてわかりました。
Facebookの「いいね!」ボタンに出てくる数字は「いいね!された数」ではありません。

いいね!ボタン

結論

数字はFacebook上でアクションが起こった数というのが正しいです。

以下、その検証です。
続きを読む Facebookの「いいね!」ボタンに出てくる数字は「いいね!された数」ではない件

Twitterの投稿にFacebookの「いいね!」をする方法

アンパンマンのしかけえほん〈1〉できるといいねはみがき (アンパンマンのしかけえほん (1))

ジャムおじさんとバタコさんは無関係でいいね!

TwitterとFacebook、両方使ってるとTwitterの投稿に

「いいね!」

ってしたくなりますよね。
現時点でTwitterにそんな機能もなければ、それができるクライアントもないんですよ。

方法

Twitterの「該当tweetページ」に行って「いいね!」のブックマークレットを使う。
続きを読む Twitterの投稿にFacebookの「いいね!」をする方法

君はFacebookのプロフィール用バナーを知っているか

ヘタリア World Series vol.4【初回限定版】 [DVD]

この子はおうちはどこですか?知らん。

Facebookのプロフィール用バナーというのを発見したのでサイドバーに貼ってみました。

作り方

Facebook -> プロフィール -> プロフィールバナーを作成(画面左下)
続きを読む 君はFacebookのプロフィール用バナーを知っているか

facebookができるまでを書いた本

facebook

Twitterを見てて・・・

ロプロスさんのつぶやき
「facebook」読了。まあ、つまりはWebサービスをヒットさせたら女の子にモテモテって話やな!

を見て知った本。

本書はfacebookがハーバード大学で生まれて、その後に拡大していく様子や、周辺の非クリエイターから訴えられる様子を描いた本です。ただ、facebookを作った人が書いた本ではないので(そこが良いという部分もあるのでしょうけど)、その辺はご注意ください。
続きを読む facebookができるまでを書いた本

Twitter上とFacebook上でノリが違う理由

「涼宮ハルヒの追想」(通常版) 特典 「スペシャルカスタムテーマ」プロダクトコード付き

こ、こっちはこっちで楽しくやってるんだからねっ

最近、インターネットのアーリーアダプター(早い段階で試す層)を筆頭に、Facebookが流行ってます。

この流行り方はTwitterのときのそれに似ています。

1. Twitter出始めの頃にアーリーアダプターが登録。
2. 大して知り合いが登録してないので放置。
3. 何かをきっかけに戻ってきて、知り合いの登録も増えてるし祭りになる。

というわけで結構昔に登録した私も「出戻り組」として最近Facebookをよく使ってみてるわけですが、Facebookに登場するのは同じ人でも、明らかにTwitter上とはノリが違います。
続きを読む Twitter上とFacebook上でノリが違う理由