IS <インフィニット・ストラトス> 第2巻 [Blu-ray]

この口座がないと買いませんよ。ぐぬぬ。
私は自分でネットショップをやってますし、他のショップのお手伝いもしてますし、しょっちゅうネットで買い物する通販のヘビーユーザーです。
楽天とかで買い物してて、支払いが銀行振り込みのみ、しかもそれが都市銀行のみだったりすると「あー手数料が高い・・・」とがっかりします。(他になければ買いますけど)
そんな「中の人」と「買う人」の両方を知ってる身として、絶対必要な3つの口座をご紹介します。

ゆうちょ

なんといっても、ゆうちょダイレクト(ネット)からゆうちょへの振込み手数料が月5回まで無料。うちのショップで振込みを選択されるお客様の場合、ゆうちょが最も利用されています。
多くのショップ運営者が意外と気がついていない重要な口座です。

ATMからの現金引き出しが3万円以上なら月数回無料。
ジャパンネット銀行の口座宛の振込みなら手数料52円。
ネット銀行の老舗であるため、口座を持ってるネットユーザーが多いので同行振込みのメリットを受けられるユーザーも多いのです。
細かいことをいうと定期の金利が高いです。
日本経済新聞マネー・ベーシック:資産形成-預貯金金利一覧
ただし、10万以上預けないと口座維持手数料がかかります。

PayPal

すでにカード決済システムを導入されてるのであれば不要かもしれませんが、基本使用料無料で利用できるクレジットカード決済サービスですので、乗り換えの検討はする価値があります。VISA、マスターはもちろん、なんとJCB、アメックスにも標準対応。
PayPal(ペイパル)のカード決済導入が想像以上に凄い | Abi-Station
うちのクライアントさんで導入したら「お客様が普通にカード払いしてくれますし、何の問題もありません」とのことです。
ただ、PayPalの決済はお客様のカード番号の他、住所なども入れなければならず、入力項目が多いです。
お客様がPayPalに登録すれば2回目からは入力項目が少なくなります。
私のショップでは安価なSGペイメントを採用してますが、SGペイメントは最初から入力項目が少ないのと、乗り換えるほど高くも無いのでそのまま使ってます。
しかし最初にPayPalを知ってたらPayPalにしたと思います。
・・・
楽天銀行もネット銀行の老舗なのですが、うちではほとんど利用されるお客様がいらっしゃいませんので、絶対用意しなければならないとは思いません。
そんな感じでネットショップ運営者さんの参考になれば、ネットでよく買う立場としてうれしいです。