あきらめたらそこで試合終了だよ→損切りは早い方が良いよ

維新の嵐  疾風龍馬伝

名言を語りまくろうぜよ!(←土佐弁間違ってる)

この記事、着眼点は良かったと思うのですが、似たような明言が多くてちょっと残念でした。

寒い冬、こたつから抜け出すためにあなたを奮い立たせる108の名言。 | abistation

で、ついでに突っ込みを入れたくなった名言をいくつかご紹介します。

SLAM DUNK 完全版 7 (ジャンプ・コミックスデラックス)

あきらめたらそこで試合終了だよ
安西監督 – スラムダンク

損切りは早い方が良いよ。負け試合を学んだら練習して次に勝てば良い。
って、すぐ2個下にそんな趣旨のがありますね。

人生は七転び八起きだ 立ち上がり続けりゃ勝つんだよ
大崎ナナ  Nana
続きを読む あきらめたらそこで試合終了だよ→損切りは早い方が良いよ


孫「突破すべき壁は命をかけよ」ひろゆき「命をかけるべき壁は無い」秋元「壁があったら右か左に逃げればいい」

パチスロ「リングにかけろ1」オリジナル・サウンドトラック

ギャラクティカマグナム!

「命をかけろ」とか、他人に言ってはいけない件。 : ひろゆき@オープンSNS
孫氏は「目の前に超えられない壁が在った時、貴方ならどしますか?」と問いかけ、その答えとして「その壁は命をかけても突破すべき壁かを真剣に悩め。腹が決まれば命をかけよ」とつぶやいた。

だが、ひろゆき氏は「ホントに命を懸けるべきことは世の中には無い。そう思い込んでるときは、余裕が無いか洗脳されてるときかと」と、独特のクールさで反論した。

現代の鳴かぬならホトドギスみたいですね。
全然別件なんですが、偶然で秋元康さんの考えもあります。
続きを読む 孫「突破すべき壁は命をかけよ」ひろゆき「命をかけるべき壁は無い」秋元「壁があったら右か左に逃げればいい」


武士道とは

2009年卓上カレンダー「吉田松陰と松下村塾」

「武士道とは死ぬことではない」という文章を商工会議所の会報で読んだので。

どう解釈すれば??? – Yahoo!知恵袋
吉田松陰が伝馬町で処刑される直前に、高杉晋作に宛てた手紙の中に以下のような言葉があるといいます。

生きている限り
何か大きな仕事ができると思うならば
いつまでも生きなさい
そして
これがもう死ぬほどの価値があるんだという場面になったら
いつでも死になさい

これは高杉晋作がかつて吉田松陰にした
「人は何に命を賭け いつ死んだら良いのか」
という問いに対する答えだそうです。

死に方というのは人生の総決算だと思うのです。

総決算で「これでよし」と思えるのなら、やはり武士道とは死に方じゃないかと思うのです。
「死ぬこと」とは思いませんけどね。


人生にやる気を与える24の名言

世界の名言100選 (PHP文庫)

見かけたすばらしい記事をご紹介。

人生にやる気を与える24の名言
「目的地までの距離など問題ではない。はじめの一歩が難しいんだ」(Marquise du Deffand)


個人的にはこれが一番気に入りました。

うまくいかずにうちの会社を辞めていった人にぜひ見てほしい。

どーせ見ても無駄だろうけど。

「人生で最もうれしいことは、他人からできるわけが無いと言われたことをやり遂げたことだ」(Walter Gagehot)

この領域にたどり着いて欲しい。


技術的に素人の方が技術者にない斬新な発想が出ない

素人のように考え、玄人として実行する―問題解決のメタ技術

あ、そうだ。
そうだったんだ。と思った記事。

良いデザインを決定するのはデータなのか、それとも…
ときどき、「技術的に素人の方が技術者にない斬新な発想がでる」という発言を見ることがあるが、それはハッキリした間違いである。

むしろ素人の方が表面的な制約を「技術の制約」と捉えやすく、技術者の方が表面的な制約を「技術で簡単に乗り越えることが出来る」と看破しやすい。

技術的な素人が技術の発展に役立つ場面は、その素人の言った何気ない言葉を優れた技術者が咀嚼して技術的なジャンプをした場合である。

これは、まだうちの会社にスタッフが溢れていた時に感じた事、そのまんまです。

「それ、簡単に出来るよ。」

と私が言って、スタッフが驚いたことが多々ありました。

そう。
素人の方が技術の制約概念を強く持ってる事が多いのです。

・・・よほどの天才じゃない限り、頭が固いという事なんでしょうね。

誤解されたくないのですが、私が上記記事で言う「優れた技術者」だとは全く思ってないです。そんなこと思ったら本当の技術者の方に笑われてしまいます・・・。


私の価値観を変えた9つの言葉

世界主要国価値観データブック

今まで生きてきて、価値観が変わった言葉(意味が同じでも言葉は原文と違うのでご注意)と、その出所をなんとなくご紹介。

法律を勉強して分かった事は、法律は守らなくてもいいということ。

東大で法律を勉強した人(誰か忘れた)の言葉。どっかのブログで読んだような気がしますが忘れました。
目からウロコ。

頭の中に”普通の人”という人格を別に持って、そいつに意見を聞く。

日本テレビの五味役員。
プロデュースする側はどうしてもとんがってしまうので、こうしないと普通の人のニーズが分からないという事ですね。

テレビ、新聞では、彼らに都合の悪い事は報道しない。

ゴーマニズム宣言だったかな。。。
ネットに浸かってる人なら、当たり前のことですよね。
ネットも無かった大昔では結構衝撃でした。

先生や教科書だって間違ってる事がある。

これもゴーマニズム宣言だったかな。。。
社会人を長くやってると自然と分かる事なのですが、成人前の自分には衝撃的でした。

良い大学を出てる人間は競争に勝ってきたんだから、仕事でも頑張る可能性が高いことは、採用担当なら誰でも知っている。

三田紀房のドラゴン桜以降の漫画全般。
私は「早く働きたい」という理由で高校卒で、しかも運よく上場企業を経て会社経営という道を歩んできたため、自分の経験だけで学歴は軽視してたのですが、確率論では重要だと気付かせてくれました。(あくまで確率の問題ですけど)

結婚は相続のための制度。

これは何だったか忘れました。
好き嫌いという一時の感情で結婚するのは制度を理解していないという事です。

2ch元管理人ひろゆきさんの言葉。
よく聞く言葉ですが、何だったかなーと調べてたらこれが分かりやすかったので、これを採用。(笑)
日本ではお金を稼ぐのが「手段を問わず」いやしいといわれる事が多いのですが、これが現在のルール上では妄想だと気がつかないと、負のスパイラルから抜けない気がします。

2割の人間が8割を稼ぐ

有名なパレートの法則です。
言われてみれば確かにそうだと気がつきました。

ペリーが来なければ日本人は大量に死なずにすんだ。

似たようなことを石原莞爾が東京裁判で言ったとか言ってないとか。
200年続いた徳川幕府の天下泰平が、鎖国のままならずーっと続いたのかどうかは分かりませんが、消費・グローバル化が当たり前のように正義だった価値観を根本から考え直すきっかけになりました。

今日のところはこんな感じで。

これらを子供の頃から親に教わってたら、自分の人生はどう変わっていたのかなあ・・・多分、良い大学目指してたと思います。

今の自分は運が良いだけだと思ってますので・・・


「仕事力」という本に載っている名言集

「仕事力」に散りばめられた金言の数々という記事がありました。

「仕事力」という本に載っていた名言をまとめた記事です。

おおよそ実感と一致してましたが・・・

人はなぜ仕事をするのかと考えれば、報酬を得るためではなく自分の誠意を役立てるため。それをきれいごとを笑うなら、あなたはまだ自分の仕事に出会っていない。本当ですよ。

この辺は金銭的余裕がある程度ないと、非現実的ではないかなあと思いました。
今の私なら理解できますが、もし一文無しになったら「自分の誠意を役立てるための仕事なら低収入でも構わない」とはきっと思えないと思うんですよね。

この本、さっきショッピングカートに入りましたー。

ご購入は、上の紹介サイトで名言を読んでからぜひ。