世界主要国価値観データブック

今まで生きてきて、価値観が変わった言葉(意味が同じでも言葉は原文と違うのでご注意)と、その出所をなんとなくご紹介。

法律を勉強して分かった事は、法律は守らなくてもいいということ。

東大で法律を勉強した人(誰か忘れた)の言葉。どっかのブログで読んだような気がしますが忘れました。
目からウロコ。

頭の中に”普通の人”という人格を別に持って、そいつに意見を聞く。

日本テレビの五味役員。
プロデュースする側はどうしてもとんがってしまうので、こうしないと普通の人のニーズが分からないという事ですね。

テレビ、新聞では、彼らに都合の悪い事は報道しない。

ゴーマニズム宣言だったかな。。。
ネットに浸かってる人なら、当たり前のことですよね。
ネットも無かった大昔では結構衝撃でした。

先生や教科書だって間違ってる事がある。

これもゴーマニズム宣言だったかな。。。
社会人を長くやってると自然と分かる事なのですが、成人前の自分には衝撃的でした。

良い大学を出てる人間は競争に勝ってきたんだから、仕事でも頑張る可能性が高いことは、採用担当なら誰でも知っている。

三田紀房のドラゴン桜以降の漫画全般。
私は「早く働きたい」という理由で高校卒で、しかも運よく上場企業を経て会社経営という道を歩んできたため、自分の経験だけで学歴は軽視してたのですが、確率論では重要だと気付かせてくれました。(あくまで確率の問題ですけど)

結婚は相続のための制度。

これは何だったか忘れました。
好き嫌いという一時の感情で結婚するのは制度を理解していないという事です。

2ch元管理人ひろゆきさんの言葉。
よく聞く言葉ですが、何だったかなーと調べてたらこれが分かりやすかったので、これを採用。(笑)
日本ではお金を稼ぐのが「手段を問わず」いやしいといわれる事が多いのですが、これが現在のルール上では妄想だと気がつかないと、負のスパイラルから抜けない気がします。

2割の人間が8割を稼ぐ

有名なパレートの法則です。
言われてみれば確かにそうだと気がつきました。

ペリーが来なければ日本人は大量に死なずにすんだ。

似たようなことを石原莞爾が東京裁判で言ったとか言ってないとか。
200年続いた徳川幕府の天下泰平が、鎖国のままならずーっと続いたのかどうかは分かりませんが、消費・グローバル化が当たり前のように正義だった価値観を根本から考え直すきっかけになりました。

今日のところはこんな感じで。

これらを子供の頃から親に教わってたら、自分の人生はどう変わっていたのかなあ・・・多分、良い大学目指してたと思います。

今の自分は運が良いだけだと思ってますので・・・